長田ドーム NAGATA DOME  

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国商務長官、日本はNAFTAに次いで優先度高い。

<<   作成日時 : 2017/03/12 09:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


トランプ政権のロス商務長官はワシントンで、メキシコのグアハルド経済相と共同で記者会見しました。
この中でロス商務長官は、NAFTAの見直しに向けた再交渉を行うため、法律で交渉を始める90日前に必要とされる米国議会への通知を、数週間以内に行う考えを示しました。これに対してグアハルド経済相も、5月末までには再交渉に入る準備が整うとして、早ければ6月にも両国間の協議が始まるという見通しを示しました。さらに、ロス商務長官は、貿易協定の優先順位を問われたのに対して、まずNAFTAの再交渉を挙げたのに続いて、「日本は、米国にとって貿易面でも、安全保障面でも重要なパートナーであり、明らかに優先度が高い」と述べ日本との2国間の貿易協定の締結に向けた交渉が重要だという認識を示しました。米国は、日本の自動車市場には関税以外で貿易を制限する非関税障壁が存在し、一部の農産物に高い関税をかけているとして見直しを求めており、中国に次いで貿易赤字が多い日本への要求を強めてくることも予想されます。市場原理主義の是正を行っているトランプ政権にとって重要な相手国となるのは、間違いなく日本です。日本・米国両国にとって利益となる経済連携協定を結び、日米関係が、進展することを期待します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米国商務長官、日本はNAFTAに次いで優先度高い。 長田ドーム NAGATA DOME  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる