長田ドーム NAGATA DOME  

アクセスカウンタ

zoom RSS 日ロ外務・防衛閣僚協議 対北朝鮮で連携

<<   作成日時 : 2017/03/21 07:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本とロシアの外務・防衛の閣僚協議、いわゆる2+2(ツー・プラス・ツー)は20日、およそ3年4か月ぶりに外務省の飯倉公館で開かれ、日本側から岸田外相と稲田防衛相、ロシア側からラブロフ外相とショイグ国防相が出席しました。この中では、北朝鮮による核・ミサイル開発に対し、さらなる挑発行動への自制や国連の安保理決議の順守を強く求め、国連の場を含めて、両国が緊密に連携し、率直な意見交換を行っていくことで一致しました。また、テロ対策や麻薬対策などでも協力を発展させていくことが確認され、ロシア側が、次の外務・防衛の閣僚協議をロシアで開催したいと提案しました。このあとの共同記者会見で、岸田外相は「安全保障環境が大変、厳しくなっている中で、日ロ関係の信頼醸成に資するものになった。あらゆる分野での日ロ関係の進展は、平和条約交渉によい影響を与えることになる」と述べました。また、岸田外相は、安倍総理大臣が来月下旬にロシアを訪れ、プーチン大統領と会談することを閣僚協議に先立って行われた外相会談で確認したことを明らかにしました。稲田防衛相は「不必要な摩擦を招かないためにも、互いの関心事項や情勢認識を率直に述べ合うことは極めて重要だ。日ロの交流の一環として、本年中に海上自衛隊の練習艦隊によるロシア寄港を調整していくことで一致した」と述べました。一方、ラブロフ外相は北朝鮮について、「国連の安保理決議による制裁は、北朝鮮を処分するためではなく対話に参加させるための手段にしなければならない」と述べました。また、ショイグ国防相は、日本側が改めて抗議した北方領土を含む島々にロシア軍の新たな師団を配置する動きについて、「第三国に対する何らかの作戦ではなく、ロシアの防衛という課題だ」と述べたほか、ロシアによる北方領土への新型の地対艦ミサイルシステムの配備などにより、ロシアの国境線を100%守ることになると説明しました。日本とロシアが外務・防衛の閣僚級協議が行われることは、日ロ両国の安全保障の利益を拡大させることにつながります。日ロの外務・防衛の閣僚級協議を積み重ねて、極東地域の安全保障をより強固なものにすることを期待します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日ロ外務・防衛閣僚協議 対北朝鮮で連携 長田ドーム NAGATA DOME  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる