長田ドーム NAGATA DOME  

アクセスカウンタ

zoom RSS 米軍 、アフガニスタンで「大規模爆風爆弾」を使用。

<<   作成日時 : 2017/04/15 07:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米軍は、アフガニスタン東部のナンガルハル州で過激派組織イスラム国の拠点を狙って「GBUー43B・大規模爆風爆弾」による空爆を実施したと発表しました。この爆弾は全長およそ9メートル、重さがおよそ9800キロで、核兵器以外の通常兵器では最大の破壊力があるとされ、精密誘導装置も備えていて、「すべての爆弾の母」とも呼ばれています。米軍は、2002年に当時のイラクのフセイン政権に圧力をかける目的でこの爆弾の開発を始め、2003年のイラク戦争で前線に配備しましたが、国防総省によりますと、実戦で使ったのは初めてだということです。アフガニスタンに駐留する米軍のニコルソン司令官は「イスラム国は防御を厚くしており、この爆弾はこうした障害を取り除くのに適切な武器だ」と説明していますが、シリアのアサド政権を攻撃し、北朝鮮への圧力を強めている中での使用に、米国のメディアでは北朝鮮などをけん制する意図もあるのではないかという受け止めが出ています。米軍が、破壊力の強い爆弾を使用したことは、イスラム国を壊滅させようとするトランプ政権の意思の表れだと思います。反社会的なテロ組織を弱めるためにも、イスラム国への軍事作戦を、緩めることなく遂行して頂きたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米軍 、アフガニスタンで「大規模爆風爆弾」を使用。 長田ドーム NAGATA DOME  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる