長田ドーム NAGATA DOME  

アクセスカウンタ

zoom RSS 政府、TPP「米国抜きの有志国」に軸足。

<<   作成日時 : 2017/04/17 08:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


政府が米国の離脱したTPPに関し、米国以外の11カ国による協定発効を模索する方向に軸足を移すことが、分かりました。このままでは枠組みが空中分解する恐れがあり、政府内でも米国抜きTPPの推進に慎重な姿勢を転換する必要があるとの意見が強まったためです。5月に首席交渉官会合と閣僚会合を開き、実現可能性を探るります。合意した有志国だけにTPPを適用する案も浮上しています。米国抜きとしていますが、米国が抜ければ、日本にとって経済規模的なメリットは少なく、TPPを締結してもあまり効果が見込めないと思います。日本はTPPから離脱し、それぞれの国と個別に二国間交渉にあたることが、国益にかなうと思います。日本は、TPPから離脱し、個別交渉に臨むことが、肝要だと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
政府、TPP「米国抜きの有志国」に軸足。 長田ドーム NAGATA DOME  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる