長田ドーム NAGATA DOME  

アクセスカウンタ

zoom RSS ドイツ、 連立交渉難航で政権発足できず

<<   作成日時 : 2018/01/08 10:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 ドイツのメルケル首相が率いるキリスト教民主・社会同盟は、去年9月の連邦議会選挙のあと、4期目の政権発足を目指して2つの少数政党と連立交渉を行ってきましたが、交渉が決裂し、選挙から3か月以上がたった今も政権が発足していません。

選挙から政権発足までに最も長くかかったのは、前回2013年の選挙後の86日でしたが、今回は5日で103日となり、すでにこれを大きく超えています。

メルケル首相は現在、安定政権の樹立に向けて、中道左派の社会民主党と連立を目指して交渉を進めていますが、交渉が順調に進んでも新政権の発足は春までかかるとの見方が出ています。

社会民主党は連立政権に入るかどうかを最終的にすべての党員を対象にした党員投票で判断する方針で、ここで否決されれば少数与党による政権か、再選挙になる可能性も残されています。

メルケル首相は暫定政権の首相として国を率いていますが、EUの改革などで次期政権に影響を与えるような提案や決定は控えており、EUのほかの加盟国ではヨーロッパ安定の鍵を握るドイツの政治空白の長期化を懸念する声も出ています。

多数の議員で構成する安定した政権を構築できない空白の時期が長くなれば、ドイツの国内外に悪影響を及ぼすことは避けられません。

英国の脱退で揺らいでいるEUとしても、EUのリーダー的役割を担ってきたドイツが、本格的な政権を誕生させることが出来ないのは、かなりの痛手です。ドイツの連立政権交渉がうまくいき、早期に連立政権が誕生することを、希望します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドイツ、 連立交渉難航で政権発足できず 長田ドーム NAGATA DOME  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる