長田ドーム NAGATA DOME  

アクセスカウンタ

zoom RSS 希望の党、 松沢氏らが「分党」提案

<<   作成日時 : 2018/02/08 07:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

希望の党は2月7日午後、国会内で役員会を開きました。
この中で松沢成文参議院議員団代表は「今の執行部との政策の違いの溝は埋めがたく、党を作ったメンバーとして立党の精神を守っていきたい」と述べました。
そして中山成彬衆議院議員や行田邦子参議院議員ら、党を分ける「分党」に必要な5人の国会議員を確保できたとして、「分党」の協議に入るよう正式に提案しました。

これに対し出席者からは「今は党が一丸となって安倍政権に立ち向かっていくべきだ」などとして、今の時点での「分党」に慎重な意見が相次ぎました。
このため役員会で結論は出さず、今後の対応を古川幹事長に一任することになりました。

このあと古川氏は記者団に対し「松沢氏の思いは理解はするが今後の扱いは決まっていない」と述べました。
一方、松沢氏は「われわれが希望の党の精神を継いでしっかりと守っていきたいという立場であり、早く協議を進めてもらいたい」と述べました。

希望の党の内部では、憲法改正や安全保障の問題に対する考え方で決定的な違いをもった勢力が乱立しています。このままいけば、党内の意見集約が出来ず、国会運営もままならない危惧が大いにあります。希望の党の前進をはかるのであれば、分党という形が良いと思います。

今後の希望の党の動向を注視していきたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
希望の党、 松沢氏らが「分党」提案 長田ドーム NAGATA DOME  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる