長田ドーム NAGATA DOME  

アクセスカウンタ

zoom RSS 野田総務相、放送法4条撤廃「公序良俗害す可能性」

<<   作成日時 : 2018/04/10 09:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  インターネット番組の普及が進む中、政府の規制改革推進会議は、ネット事業者の放送への新規参入を促そうと、放送と通信で異なる規制の緩和策を検討していて、政治的公平性などを定めた放送法4条の廃止が提案される一方、慎重な対応を求める意見も出ています。

これに関連して野田総務大臣は衆議院総務委員会で「放送事業者は、4条を含めた放送法の枠組みの中で自主自律によって放送番組を編集することにより、重要な社会的役割を果たしてきたと認識している」と述べました。

そのうえで「4条を撤廃した場合には、例えば公序良俗を害するような番組や事実に基づかない報道が増加する可能性が十分考えられる」と述べました。


ネットや放送事業の発展のためには、規制緩和は必要だと思いますが、規制緩和による弊害も十分議論する必要があります。規制緩和により公序良俗が乱れ、品質の悪い放送が増えれば、日本の放送業界にとって、将来的に決して良いものにはなりません。公序良俗を乱さないような規制緩和を考えるべきだと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野田総務相、放送法4条撤廃「公序良俗害す可能性」 長田ドーム NAGATA DOME  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる