竹島調査問題、外務次官韓国派遣

政府は、海上保安庁による竹島周辺の海洋調査による韓国との外交問題で、円満な解決をはかるため、外務事務次官を、韓国へ派遣する方向で検討に入りました。是非とも、円満解決を望みたいところですが、韓国側は、妥協案には、断固拒否をする姿勢を示しており、交渉は難航しそうです。日本は、しっかりと、主権を主張すべきだと思います。それが戦後引きずってきた戦争の暗い影を清算することにつながると思います。問題が解決して日本が、東アジアにおける地位を、取り戻す足掛かりになってほしいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック