トランプ大統領、「貿易交渉長期化なら 中国さらに不利になるだろう」

 米国と中国は先週、ワシントンで閣僚級の交渉を行いましたが双方の溝は埋まらず、トランプ政権は中国からの2000億ドルの輸入品に上乗せしている関税を10%から25%に大幅に引き上げました。

これに対抗して、中国側が報復措置を取る構えを示していることを受けて、トランプ政権は10日、中国からの輸入品のうち、まだ関税を上乗せしていない残りのおよそ3000億ドル分にも関税をかける手続きを始めると発表し、米中両国の対立は激しくなっています。

 トランプ大統領は11日、ツイッターに来年の大統領選挙で再選されることを前提に、「私の2期目に交渉するならば、中国にとってさらに不利な取り引きになるだろう」と投稿し、速やかに歩み寄るよう圧力を強めました。

トランプ大統領は米国の経済や株価が堅調に推移していることも踏まえて、中国に対する強硬な姿勢を一層強めていて、米中の貿易摩擦が長期化する懸念が高まっています。

米中の経済戦争が米国優位で展開している中、トランプ政権は、中国に対して攻勢をさらに強めています。今後、米中の貿易交渉がどのような動きを見せるのかを、注視していきたいと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック