国民民主党玉木代表、 定員複数の選挙区でも候補者調整を


 国民民主党の玉木代表は記者団に対し、夏の参議院選挙の1人区での野党側の候補者一本化について、「各党がそれぞれ譲り合いながら1人に絞っていくことになると思うが、できるだけ協力して運動できる態勢を整えることが大事だ」と述べました。

そのうえで玉木氏は「複数区は当然戦うことになるが、無用な争いは避け、あくまでも『自公政権に向き合って、どうしたらいちばん議席を多くできるのか』という観点から、選挙区を埋めていくことが大事だ」と述べ、1人区だけでなく、定員が複数の選挙区でも野党側の候補者調整を進めるべきだという考えを示しました。

 参議院議員選挙では苦戦が予想される国民民主党ですが、選挙に強い小沢氏の自由党と合流し、他の野党との選挙協力を強化することで、逆境を跳ね返し、浮揚したいところです。自公の巨大与党勢力に対抗するためにも、複数区でも候補者調整が進むことを、期待します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック