日イラン外相会談 、イランに核合意履行など自制求める


 イラン情勢をめぐって、米国は原子力空母と爆撃機の部隊を中東地域に派遣するなどけん制を強める一方、イランは対抗措置として、核合意の一部の義務に従わないことを表明するなど、緊張が高まっています。

こうした中、イランのザリーフ外相が15日夜、急きょ来日し、16日午前8時からおよそ1時間、河野外務大臣と会談しました。

この中で、河野大臣は「われわれは中東の状況に深刻な懸念を持っており、日本も緊張の緩和に向けて努力を惜しまない。中東の安定にはイランが引き続き核合意を履行することが必要で、これ以上緊張関係が高まらないよう、自制を求めたい」と述べました。

これに対し、ザリーフ外相は「米国が緊張を高めていることは受け入れられない。米国への対抗措置は、核合意の範囲を超えるものではなく、合意の中でみずからの権利を行使するものだ。緊張の高まりを防ぐため、日本と一緒に取り組みたい」と説明し、対抗措置への理解を求めました。

そして両外相は、最新の情勢や核合意をめぐって意見を交わし、両国の伝統的な友好関係を基礎に引き続き協力していくことを確認しました。

イラン外相の緊急来日は、我が国とイランが独自の外交路線をとってきた成果だと思います。

日本は、米国とは一線を画し、独自の外交努力を行うことによって、中東和平へ貢献することが、我が国の繁栄にもつながると思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック