立憲民主党福山幹事長、「不信任案の提出時期などは言わない」


 夏の参議院選挙にあわせた「衆参同日選挙」をめぐって、菅官房長官は、先週、今の国会で安倍内閣に対する不信任決議案を野党が提出した場合、衆議院を解散する大義になると思うかと問われ「当然なるのではないか」と述べました。

立憲民主党の福山幹事長は、記者会見で「政権・与党が解散したがっているが、大義がないので、野党に解散権を委ねているような非常に不可思議な状況だ」と重ねて批判しました。

そのうえで、内閣不信任決議案の提出について「『いつ出すか』や『なぜ出すか』は、首相がいつ解散するのかを言わないのと同様なので、いま言うのは適切ではない。あらゆる選択肢がある」と述べました。

また、「野党側の衆議院選挙の準備が進んでいないという声がある中、提出にためらいはないか」と問われ「全くない。解散になると結果として候補者は集まってくるので、あまり心配はしていない」と述べました。

官房長官が、解散の大義になり得ると発言した以上、不信任案の提出の時期について言及しないほうが、上策だと思います。野党は、衆参同日選挙の準備を推し進め、良い頃合いで、不信任案を提出することが、大切だと思います。

この記事へのコメント

Brigida
2019年05月26日 00:53
I am sure this post has touched all the internet viewers, its really really nice piece of writing on building up new website.
I am sure this post has touched all the internet users,
its really really pleasant paragraph on building up new blog.
It is the best time to make some plans for the future and it_s time to be happy.
I_ve read this post and if I could I want to suggest you
some interesting things or suggestions. Perhaps
you could write next articles referring to this article.

I wish to read more things about it! http://dell.com

この記事へのトラックバック