野党5党派 参院選 30の1人区で候補者一本化で合意


 立憲民主党、国民民主党、共産党、社民党、それに衆議院の会派「社会保障を立て直す国民会議」は、全国に32ある「1人区」で候補者を一本化するための協議を続けていて、これまでに11の選挙区を決定しています。

そして29日、野党5党派の党首らが会談し、新たに19の選挙区を決め、合わせて30の選挙区で候補者を一本化することで合意しました。

また残る宮崎と鹿児島の2つの選挙区の調整を急ぐことも確認しました。

一方、会談で立憲民主党の枝野代表は、安倍内閣に対する不信任決議案について「政治状況を判断したうえで、各党の党首に相談させてもらいたい」と述べました。

枝野代表は記者団に対し「安倍政権打倒の参議院選挙にするため、大事な一歩を踏み出し、よい形でスタートラインに着くことができた。地域ごとに事情があるが、それぞれが力を発揮し、大きな成果を挙げられるように頑張りたい」と述べました。


参議院選挙では、野党の選挙協力が進展しました。今後は、衆参同日選挙にも対応しうる協力関係が構築されることを、期待します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック