安倍首相とサウジの皇太子、 イラン情勢で電話会談

 安倍首相は、サウジアラビアのムハンマド皇太子と電話で会談し、米国との間で緊張が高まり、来月訪問する方向で調整しているイラン情勢などについて意見を交わし、中東地域の平和と繁栄のため、緊密に協力していくことで一致しました。 会談は、日本側からの要請でおよそ30分間行われました。この中で、安倍首相とムハンマド皇太子は、緊迫している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野党5党派 参院選 30の1人区で候補者一本化で合意

 立憲民主党、国民民主党、共産党、社民党、それに衆議院の会派「社会保障を立て直す国民会議」は、全国に32ある「1人区」で候補者を一本化するための協議を続けていて、これまでに11の選挙区を決定しています。 そして29日、野党5党派の党首らが会談し、新たに19の選挙区を決め、合わせて30の選挙区で候補者を一本化することで合意しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相のイラン訪問で、最終調整

 米国とイランの緊張が高まる中、安倍首相は、日米首脳会談の結果を踏まえ、来月中旬、イランを訪問する方向で最終調整に入っています。 これについて、イラン外務省のムサビ報道官は2、記者会見で「安倍首相がイラン・イスラム共和国を訪問する最初の日本の首相になることを願っている」と述べて、日本側と日程の最終調整を行っていることを明らかに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民党萩生田幹事長代行、 国会会期内の衆院解散に否定的

 自民党の萩生田幹事長代行は、テレビ番組で、衆議院の解散・総選挙について、「国民に問うべき事柄はいくつもあると思うので、リーダーが判断するかどうかだ」と述べました。 一方で、来月26日までの今の国会の会期内に解散することについては「G20が控えている。その時に閣僚に議員バッジがないことになる。そういう環境で落ち着いた会議ができ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

国民民主党玉木代表、 トランプ氏のツイッター「事実関係ただす」

 日本を訪れているトランプ大統領は、安倍首相とゴルフをプレーしたあと、ツイッターに「日本との貿易交渉は大きく進展している。特に農業や牛肉の分野だ。大部分は、日本の選挙の後だ。大きな数字を期待している」などと書き込みました。 これについて、国民民主党の玉木代表は、広島県三次市で記者団に対し、「発表や合意の時期を、参議院選挙のあとにし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

トランプ大統領、「貿易はもっとフェアに」

 米国のトランプ大統領は、令和になってから初めての国賓として25日から日本を訪れています。羽田空港に到着したあと、25日夜、東京 港区の米国大使公邸で日米のビジネス界の代表らとの夕食会に出席しました。 夕食会での演説で、トランプ大統領は「米国と日本は、貿易が互いに利益をもたらすものになるよう、交渉を続けている。2国間の貿易はも…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

トランプ大統領、「歴史的時期に世界で唯一の主賓」訪日意義強調

 トランプ大統領は、本日25日から28日まで国賓として来日し、天皇皇后両陛下との会見や、日米首脳会談に臨む予定です。 これを前にトランプ大統領はホワイトハウスで記者団に対し、「天皇に関するとても大きなことで、200年以上、起きていなかったことだ」と述べ、皇位が継承された歴史的な時期に日本を訪問する意義を指摘しました。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国財務長官 、貿易交渉「中国側大きく後退」

 米国は今月10日、中国からの2000億ドル分の輸入品に上乗せする関税を大幅に引きあげたのに対し、中国も報復措置として、来月1日、米国からの600億ドル分の輸入品に上乗せする関税を引きあげるとして米中双方で追加関税の応酬が激しくなっています。  議会下院の委員会に出席した米国のムニューシン財務長官は貿易交渉の現状について、「残…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立憲民主党福山幹事長、「不信任案の提出時期などは言わない」

 夏の参議院選挙にあわせた「衆参同日選挙」をめぐって、菅官房長官は、先週、今の国会で安倍内閣に対する不信任決議案を野党が提出した場合、衆議院を解散する大義になると思うかと問われ「当然なるのではないか」と述べました。 立憲民主党の福山幹事長は、記者会見で「政権・与党が解散したがっているが、大義がないので、野党に解散権を委ねている…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

河野外相、「徴用問題 」文大統領が責任持って解決を

 太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題をめぐって韓国の李首相が、韓国政府だけでの問題解決は難しいとしたことなどを受け、日本政府は、日韓請求権協定に基づいて、第三国を交えた仲裁委員会を開催するよう韓国政府に要請しました。 河野外相は記者会見で「抑制的に対応してきたが、李首相に、『韓国政府ができることには限界がある』と言われては、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州議会選前に、反EU勢力集結

 EUの政策決定に関わるヨーロッパ議会は5年に1度の選挙が今月23日から26日にかけて加盟国ごとに行われ、EUに懐疑的な勢力がどこまで躍進するかが焦点となっています。 選挙を目前に控え、イタリア北部のミラノで18日、12の加盟国からEUに懐疑的な立場をとる政党の党首たちが一堂に会し、大規模な集会を開きました。 集会を呼び…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

河野外相、 中央アジア5か国と協力強化で合意

 日本は、中国やロシアと隣接し、豊富なエネルギー資源がある中央アジアへの関与を強めようと、平成16年から定期的に外相会合を開いています。 タジキスタンの首都・ドゥシャンベで開かれた7回目となる会合には河野外相のほか、カザフスタンなど5か国の外相らが出席しました。 会合では、中国が中央アジアへの経済進出に力を入れていること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅官房長官、「不信任決議案は解散の大義」

 夏の参議院選挙にあわせた「衆参同日選挙」をめぐって、菅官房長官は、記者団から、今の国会終盤で、安倍内閣に対する不信任決議案を野党が提出した場合、衆議院を解散する大義になると思うかと問われ、「当然なるのではないか」と述べました。 与党内からは、「官房長官が解散の大義に言及した意味は大きく、解散風が強まるだろう」という見方や、「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領、 新たな移民政策を提案

 トランプ大統領は、移民政策をめぐってホワイトハウスで演説し、「われわれは多くの移民が米国に訪れてほしいが、相応の能力を持ち、米国社会への利益をもたらす移民に来てもらわなければならない」と述べ、新たな提案を発表しました。 提案では、米国への移民を希望する人には、英語力や市民としての適性を試す試験の受験を義務づけたうえで、高い専…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日イラン外相会談 、イランに核合意履行など自制求める

 イラン情勢をめぐって、米国は原子力空母と爆撃機の部隊を中東地域に派遣するなどけん制を強める一方、イランは対抗措置として、核合意の一部の義務に従わないことを表明するなど、緊張が高まっています。 こうした中、イランのザリーフ外相が15日夜、急きょ来日し、16日午前8時からおよそ1時間、河野外務大臣と会談しました。 この中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康保険法改正が成立、適用範囲を限定。

 会社員が加入する健康保険や「協会けんぽ」といった医療保険は、一定の要件を満たせば居住地や国籍にかかわらず適用されますが、今の制度のままでは、外国人材の受け入れ拡大により、医療費の財政負担が増大するおそれがある指摘が出ていました。 このため、法律では、医療保険の適用対象は、原則として日本で暮らす家族に限るとしています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻生財務相、消費増税「予定どおり引き上げ」

 内閣府が13日に発表したことし3月の「景気動向指数」で、景気の基調判断が後退の可能性が高いことを示す「悪化」に、6年2か月ぶりに下方修正されました。 これに関連して、麻生副総理兼財務相は閣議のあとの記者会見で、ことし10月の消費税率の引き上げに与える影響について「今の段階で、リーマンショック級の大きな話になるととらえている訳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民民主党玉木代表、 定員複数の選挙区でも候補者調整を

 国民民主党の玉木代表は記者団に対し、夏の参議院選挙の1人区での野党側の候補者一本化について、「各党がそれぞれ譲り合いながら1人に絞っていくことになると思うが、できるだけ協力して運動できる態勢を整えることが大事だ」と述べました。 そのうえで玉木氏は「複数区は当然戦うことになるが、無用な争いは避け、あくまでも『自公政権に向き合っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領、「貿易交渉長期化なら 中国さらに不利になるだろう」

 米国と中国は先週、ワシントンで閣僚級の交渉を行いましたが双方の溝は埋まらず、トランプ政権は中国からの2000億ドルの輸入品に上乗せしている関税を10%から25%に大幅に引き上げました。 これに対抗して、中国側が報復措置を取る構えを示していることを受けて、トランプ政権は10日、中国からの輸入品のうち、まだ関税を上乗せしていない残り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国、対中関税さらに上乗せへ手続き開始

 米国と中国は、閣僚級の交渉で、双方の溝を埋められず、トランプ政権は、中国からの2000億ドルの輸入品に上乗せする関税を25%に引き上げました。 それにとどまらず、米国通商代表部は、まだ関税を上乗せしていない約3000億ドル分の輸入品にも高い関税を上乗せする手続きを始めると発表しました。 米国通商代表部は、今後の詳しい手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立憲民主党、「高齢者ドライバーに限定免許」を提言

 高齢のドライバーによる深刻な事故が各地で相次いでいることを受けて、立憲民主党は、党内に作業チームを設け、国会内で初会合を開きました。 会合では、警察庁など関係省庁の担当者が、75歳以上のドライバーによる死亡事故の原因は、ハンドル操作の誤りやブレーキとアクセルの踏み間違いが最も多いことや、過疎地域などでの高齢者の移動手段の確保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民民主党小沢氏、「一兵卒としてやれることやる」

 国民民主党は、役員会で、小沢氏の処遇について、玉木代表に一任することを決め、玉木代表は、党本部で小沢氏と会談しました。 会談のあと小沢氏は、記者団に対し「選挙の話や党の組織の説明など、いろんな話を聞いた。いずれにしても、玉木代表の指示で一兵卒として、できるかぎり、やれることはやりますという話をした」と述べました。 一方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相、「訪日する習主席との会談通じ一層の関係改善を」

 中国の駐日大使を歴代最長の9年余り務めた程永華氏が今月で離任するのを前に、東京都内でレセプションが開かれ、安倍首相や自民党の二階幹事長ら政財界の関係者およそ800人が出席しました。 この中で安倍首相はあいさつし、「日中両国が安定的に友好協力関係を発展させることは地域や世界の平和と繁栄にも大きく貢献する。昨年の私の中国の公式訪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国のポンペイオ国務長官、「中ロが北極圏を軍事利用」

 米国のポンペイオ国務長官は北欧のフィンランドで演説し、中国が北極圏で行った投資はおととしまでの6年間におよそ900億ドル(約10兆円)に上ると指摘しました。 そして「これはよくあるパターンで、中国は重要なインフラを造って中国の恒久的な拠点にしようとしている。北極海を南シナ海にしてもいいのか」と訴え、中国が軍事拠点化を進める南…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国、 中東へ空母と爆撃機部隊派遣へ

 米国のボルトン大統領補佐官は声明を出し、原子力空母「エイブラハム・リンカーン」と爆撃機の部隊を中東地域に派遣することを明らかにしました。 理由については「米国や同盟国の国益に対するいかなる攻撃にも容赦ない力で対抗するという、明白なメッセージをイランの政権に送るため」として、イランを強くけん制することがねらいだとしていますが、声明…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日中友好議連、 北朝鮮問題の対話による解決を確認

日中友好議員連盟の会長を務める自民党の林前文科相らは、北京で共産党の序列4位で国政の助言機関である政治協商会議の汪洋主席と会談しました。 この中で汪氏は、来月のG20大阪サミットに合わせて習近平国家主席が日本を訪問することについて、「成功のために日本側と協力したい」と述べました。また汪氏は、北朝鮮が4日、飛しょう体を発射したことに…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

北朝鮮、 短距離の飛しょう体 21分間で数発発射

 韓国軍の合同参謀本部の発表によりますと、北朝鮮は東部の元山から東に向けて4日午前9時6分ごろから21分間のうちに、飛しょう体数発を発射しました。 この飛しょう体はおよそ70キロから200キロ飛んで日本海に落下したということです。 韓国軍は当初、飛しょう体について「短距離ミサイル」だとしていましたが、その後の発表で「短距…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領、 利下げねらいのFRB人事が頓挫

 空席となっているFRBの理事をめぐってトランプ大統領は、先の大統領選挙で経済政策の顧問を務め、利下げに積極的な立場のスティーブン・ムーア氏を指名する意向をことし3月に表明していました。 これについてトランプ大統領は2日、ツイッターに「経済成長を推進する優れたエコノミストのムーア氏は、FRBの理事への指名を辞退することを決めた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国文大統領、日韓関係「互いに知恵を出し合うべき」

韓国大統領府によりますと、文大統領は、元政府高官らとの会合で、日本との関係に言及しました。 この中で、文大統領は「われわれの安全保障や経済などのためにも、日本とよい関係を築かなければならない。しかし、過去の不幸な歴史があるため絶えず問題が生じており、両国関係の根幹が揺らぐことのないよう、互いに知恵を出し合うべきだ」と述べ、日韓関係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NPT会合 米ロ対立で核軍縮進まない現状に強い危機感

 NPT(核拡散防止条約)は、およそ190か国が加盟している国際社会の核軍縮の基本的な枠組みで、米国、ロシア、中国、イギリス、フランスの5か国に核兵器の保有を認める一方、削減を義務づけています。 国連本部で開かれているNPTについての会合では、各国のNGOが意見を表明し、世界の核兵器の90%を保有している米国とロシアが対立を深…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

即位後朝見の儀 、 天皇陛下「象徴の責務果たす」

 新たに即位された天皇陛下は、「即位後朝見の儀」に、臨まれました。 天皇陛下は皇后さまとともに「松の間」に入られ、儀式が始まりました。皇后さまは皇后として臨まれる初めての儀式です。 皇位継承順位1位の「皇嗣」となった秋篠宮さまと、紀子さまなどの皇族方が続いて入られました。 天皇陛下や男性皇族はえんび服で、皇后さまな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more