韓国外務省、「河野発言は国際的な儀礼に合致せず」と反発

河野外相は、韓国の文大統領が、輸出管理の強化をめぐって、日本政府に対話と協力を呼びかけたことを受け「大統領には、国際法違反を是正するリーダーシップを取ってほしい」と述べ、「徴用」をめぐる問題で、指導力を発揮するよう求めました。

これについて、韓国外務省は、コメントを発表し「韓国政府は、河野外相の発言には同意しない。一国の外交当局者が、相手国の国家元首に対して、いかなる措置を要求すること自体、国際的な礼儀に合致しない」と反発しました。

そのうえで「河野外相の発言は両国関係の安定にも役立たず、極めて遺憾だ」として、外交ルートを通じて日本側に伝える考えを示しました。 

文政権には、国際社会の一員として、徴用工の問題を解決する義務があります。日本側の要請に応じない文政権に対しては、相応の対応をする必要が、日本政府にはあると、思います。
0

この記事へのコメント