北朝鮮、米韓軍事演習後「米朝協議に応じるか焦点」

北朝鮮の国営メディアは、金委員長の立ち会いのもと新型の戦術誘導ミサイルの発射を6日、行ったと発表し、ミサイルの実戦能力が検証されたとして性能を誇示しました。 また、金委員長は発射の目的について米国が韓国と朝鮮半島有事を想定した合同軍事演習を行っていることに警告を送るためだと明らかにしています。 北朝鮮による発射は先月25日以…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more