米国、戦闘機F16「台湾に売却」

米国の有力紙ワシントン・ポストなど複数のメディアは、トランプ政権が台湾に対し、66機の新型のF16戦闘機、あわせて80億ドル、日本円にしておよそ8500億円相当を新たに売却するため、議会に非公式に通知したと伝えました。 売却は、台湾への圧力を強める中国に対抗するため、装備の近代化を進める台湾の蔡総統の求めに応じた形で、米国のメディ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more