日ロ首脳会談、「平和条約交渉」受け入れ可能な解決策探る

安倍総理大臣は、プーチン大統領との日ロ首脳会談に臨み、北方領土問題を含む平和条約交渉について、未来志向で作業を進めることを確認したうえで、北方四島での共同経済活動の実現に向けて精力的に取り組むことで一致しました。

会談について政府内では「大きな進展はなかったものの、プーチン大統領の意欲と交渉の継続を確認できたことは一定の成果だ」と前向きな受け止めがあります。

政府はことし11月に再び首脳会談が行われることを踏まえ、外相レベルの協議で双方が受け入れ可能な解決策を探るとともに、共同経済活動の具体化などをさらに進めることにしていて、ロシア側に建設的な対応を促し、解決に向けた環境を整えたい考えです。

日ロ間には、北方領土問題という相容れない問題が横たわっていますが、日ロ両国が、平和条約締結に向けて努力する姿勢は、大切だと思います。日ロ両国が、交渉を重ね、日ロ関係が進展することを、期待します。

この記事へのコメント