立憲民主党、会派合流めぐり地方組織から意見や要望

立憲民主党は、都内で地方組織の幹事長らを集めた会合を開き、国民民主党などとの会派の合流に向けて調整を進めていることをめぐって意見を交わしました。

このなかで、枝野代表は「会派を共にすることを呼びかけたのは、有権者に安倍政権に代わる選択肢を示すためだ。国会で強力な構えを作っていくことは、最大野党としての責任であり、有権者の期待に応えることにもなる」と述べました。

これに対し、出席者からは「国会の会派が合流すれば、今後の選挙で候補者の調整がしやすくなるので賛成だ」といった意見や「原子力政策や選択的夫婦別姓の導入など、政策の肝となる部分が変わらないようにしてほしい」という要望が出されました。

立憲民主党は、このような意見も踏まえ、国民民主党などとの詰めの調整を進めることにしています。

以前、民主党の時、意見集約に手間取ったという苦い経験があるので、会派合流は、慎重に進めるべきだと思います。立憲民主党には、地方組織の意見を反映しながら、国民民主党との会派合流を進めることを、希望します。

この記事へのコメント