安倍首相、内閣改造・党人事「党一丸となって憲法改正を」

安倍首相は、自民党総務会で、内閣改造と党役員人事について、「先の令和初の参議院選挙で国民からいただいた負託にしっかりと応えていかなくてはならない」と述べました。

また自民党本部で、党の新体制で初めての役員会が開かれました。

この中で安倍首相は「新しい体制のもと、わが党の長年の悲願である憲法改正を二階幹事長、岸田政務調査会長、鈴木総務会長らの協力をいただきながら、党一丸となって進めていきたい。憲法改正には国民の理解が何よりも大切で、広報にも力を入れていきたい」と述べました。

今回の内閣改造・党役員人事は、新しい顔ぶれがなく、硬直化した自民党を象徴するかのような人事だと思います。今後、憲法改正などの国民が望まない政策を展開していくのでしょうが、野党、そして反安倍勢力は、一致団結して対抗する必要があると思います。

この記事へのコメント