自民党二階幹事長、台風19号被害「大型補正予算編成へ政府を支える」

台風19号による被害を受けて、自民党は、二階幹事長や岸田政務調査会長らが出席して、対策を協議する会合を緊急に開きました。

この中で、二階氏は、「予測され、いろいろ言われていたことからすると、まずまずには収まったと感じている。それでも相当な被害が広範に及んでおり、対策を早急に打っていかなければならない」と述べました。

このあと二階氏は、記者団に対し「自治体が安心して復旧に取り組めるよう、政府は、一両日中にも激甚災害に指定することを明らかにすべきだ」と求めました。

さらに、「大型の補正予算案の編成などを行うべく、政府を全力で支えていく決意だ」と述べ、今年度の補正予算案を編成する必要があるという考えを示しました。

激甚災害の指定、そして大型補正予算を成立させて、政府は被災自治体への支援を手厚くしていく必要があります。

政府のスピーディーな対応を、期待します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

鈴木昭夫
2019年10月17日 15:01
「ここの所の社会情勢」
日本について:今回の台風・・・政府は、こうなる事を把握していた様な気がする、つい、言葉のあやで政府のお偉いさんが、口を滑らしたのだろう・・・火消しに必死、何はともあれ、日本列島、TVで上空から見ると怖い‼️ 地震、台風、火山🌋
あらゆる災害に耐えられるか、海外の少女👧が、世界の環境について、涙ながらに訴えたのもうなずける、本当に日本沈没も迫っているような気がする(;_;)/~~~