FRB、ゼロ金利政策など大規模な金融緩和策を維持

米国の中央銀行にあたるFRBは、29日まで開いた金融政策を決める会合で、今のゼロ金利政策と、国債などを買い入れて大量の資金を供給する量的緩和策を維持することを全会一致で決めました。

あわせて発表された声明では、新型コロナウイルスの影響で急激に落ち込んだ米国の経済活動と雇用は、ここ数か月でいくぶん回復したものの、ことし初めの水準をはるかに下回っているとしています。

会合のあと記者会見したパウエル議長は景気の先行きについて、「先月下旬以降、消費支出の減少がみられ、雇用回復も鈍くなっている。今の景気後退は最も深刻で、ことし初めの水準に戻るまでにはしばらく時間がかかる」と述べ、当面、大規模な金融緩和を継続する方針を強調しました。

米国では新型ウイルスの感染拡大に歯止めがかかっておらず、経済活動を再び規制する地域も出るなど景気回復のペースが鈍っていて、当初想定されたV字型の回復は難しい情勢になっています。


経済の危機的な落ち込みを考えれば、金融緩和を、維持していかざるを得ない状況だと思います。

今後のFRBの金融政策を、注視していきたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント