日本政府、 香港の民主的発展や日本企業の活動を妨げないか注視

香港での反政府的な動きを取り締まる「香港国家安全維持法」は、中国の全人代の常務委員会で可決・成立しました。 茂木外相は談話を発表し、「一国二制度の原則に対する信頼を損ねるものだ」として、遺憾の意を表明し、外務省が中国側に伝えました。 また、河野防衛相は記者会見で、「延期になっていた習近平国家主席の国賓来日に非常に重大な影響を…
コメント:0

続きを読むread more