自民党二階幹事長、「いつ解散があってもいいよう準備整える」

自民党の二階幹事長は、記者会見で衆議院の解散時期について、「首相の一存で決めることだが、選挙を預かる幹事長の立場としては、いつ解散があってもいいように、しっかりとした準備を整えていく決意だ」と強調しました。

そのうえで、「あと1年となれば、『いよいよ』ということになる。都道府県連などの意向も見極め、あらゆる調査も参考に対応していく」と述べ、候補者の調整などを急ぐ考えを示しました。

また、二階氏は、各種の世論調査で、菅内閣の支持率が下がったことについて、「過去の例からも、政権が新しくなった時は、ご祝儀相場で新鮮な気持ちで受け止められるが、だんだんと平常心に戻る。特別なことではなく、『そんなものかな』という程度だ」と述べました。

近いうちに衆議院の解散・総選挙もあり得ると思います。今後の政局を、注視していきたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント