米国とロシア 核軍縮条約1年延長の合意向けて協議へ

米国とロシアは、来年2月に失効の期限が迫る核軍縮条約、「新START」の延長をめぐり交渉を続けていますが、米国側が、現在の条約で対象となっていない核兵器も含む新たな枠組みを求めているのに対して、ロシア側は難色を示していて、協議は難航しています。

ロシアのプーチン大統領は先週、条約を無条件で1年延長するよう提案する方針を示していましたが、ロシア外務省は20日、声明を発表し、両国の核弾頭の数を凍結することと、米国側が追加の要求を出さないことを条件に、延長に応じる考えを示しました。

これを受け、米国務省も声明を発表し、「核軍縮を前進させるロシアの意志に感謝する」と評価したうえで、「米国は直ちに検証可能な合意をまとめるために協議する用意がある」と表明し、両国が1年延長する合意に向けて、今後、協議を行う見通しとなりました。

「新START」の延長をめぐりトランプ政権は核兵器を増強している中国も条約に参加する必要があると主張していて、有力紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、米国としては今回の延長について中国を含む新たな核軍縮の枠組みの構築への時間を稼ぐねらいがあるとの見方を伝えています。

米国とロシアが核軍縮に対して前向きな姿勢を示したことは、大きいと思います。米国とロシアの核軍縮が進展することを、期待します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント