米国、 台湾に新たにミサイル売却決定「中国への圧力強める」

米国のトランプ政権は、台湾にミサイルなど合わせて18億ドル余り、日本円にしておよそ1900億円の武器を売却することを決め、議会に通知しました。 米国政府が今回売却を決めたのは、戦闘機から発射する地上攻撃型のミサイル、自走できる車両からミサイルを発射するシステム、そして、戦闘機に装着するための偵察用センサーなどです。 台湾周辺…
コメント:0

続きを読むread more