立憲民主党枝野代表、新型コロナウィルス「感染の第3波来た」

立憲民主党の枝野代表は、党の役員会で、新型コロナウイルスの感染状況について「残念ながら感染の第3波が来たと言わざるをえない。医療関係者への支援などもまだ届いていない中で、あらゆる場面で政府に対し、より緊張感を持って積極的な感染拡大防止への対応を求めていかなければならない」と述べました。

一方、枝野氏は「日本学術会議」の会員任命をめぐり「菅首相は国会審議を軽視し、一種の『後出しじゃんけん』のように、野党第1党のわれわれの質疑が終わったあとに、政府と学術会議側の事前調整が行われていたというとんでもない話を出してきた。集中審議などで誠実に国民に説明責任を果たすよう求めていく」と述べました。

立憲民主党には、政府にコロナ対策や、「日本学術会議」の任命問題の追及を積極的に行って頂きたいと、思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント