立憲民主党枝野代表、 新型コロナの政府対応を批判

立憲民主党の枝野代表は、党の役員会で、新型コロナウイルスをめぐる政府の対応について、「経済を回す重要性は否定しないが、合わせて検査の充実や医療体制の整備も進めなければ、大変なことになると危惧していた。率直に言って、政府は、手をこまねいてぼう然としているだけだと受け止めざるをえない」と述べました。

そのうえで、枝野氏は、「これ以上の感染の急増を食い止め、間違っても医療が崩壊することのないよう医療体制の整備や支援を急がせたい。国会の場で、私たちが繰り返し求めてきたことを、改めてより強く、厳しく指摘していく」と述べました。

新型コロナウィルスの感染拡大が広がる中、予防措置や医療体制の充実は、急務です。今後の政府の新型コロナウィルス対策が、より充実したものになることを、期待します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント