英国、 EUとの合意ほごにする法案提出

英国のジョンソン政権は、ことし1月に離脱する際、EUと合意していた英国の北アイルランドについての取り決めをほごにする内容を含む法案を今月9日、議会下院に提出し、これに対してEUはミシェル大統領が、13日、英国の「国際的な信用が問われている」とツイッターに投稿するなど反発を強めています。 この事態に英国のメージャー元首相とブレア元首…
コメント:0

続きを読むread more

イラン、バーレーンやUAEとイスラエルの国交正常化に強く反発

米国のトランプ政権は、先月のUAEに続き、バーレーンもイスラエルと国交正常化で合意したことを明らかにし、今月15日にそれぞれの国の代表を首都ワシントンに招いて署名式を行う予定です。 トランプ大統領としては、ことし11月の大統領選挙を前に外交成果をアピールするとともに、長年対立してきたイスラエルとアラブ諸国の関係改善を進めることで、…
コメント:0

続きを読むread more

EU離脱の英国との新経済連携協定、 日英閣僚協議で大筋合意

イギリスがEUから離脱したことに伴う、日英の新たなEPAをめぐり、茂木外務大臣とトラス国際貿易相は、日本時間の11日午後4時からオンライン形式で会談し、大詰めの協議に臨みました。 このなかで両閣僚は、一部の農産品の関税水準など、残されていた課題で折り合い、日英交渉は大筋合意に達しました。 日英がEPAで、合意したことで、日英…
コメント:0

続きを読むread more

合流新党「立憲民主党」、 幹事長人事が当面の焦点に

立憲民主党と国民民主党などの合流新党の代表選挙は、9月10日投票が行われた結果、立憲民主党の枝野代表が、国民民主党の泉政務調査会長との争いを制して新代表に選出され、党名は「立憲民主党」に決まりました。 枝野・新代表は、記者会見で、新党の党役員人事について、来週15日の結党大会までに骨格を固めたいという考えを示したうえで、「まったく…
コメント:0

続きを読むread more

米軍、イラク駐留部隊を今月中に3000人規模に削減と発表

中東地域を管轄する米国中央軍は9日、イラクに駐留する米軍の部隊を今月中に、現在の5200人から3000人規模に削減することを発表しました。 ホワイトハウスのマケナニー報道官は9日の記者会見で「これまで国の安定化に向けてイラクの治安部隊の訓練を行っており、その結果、米軍の部隊を引き揚げられると判断した」と述べました。 ことし1…
コメント:0

続きを読むread more

自民党総裁選、 菅官房長官「優位に選挙戦進める」

安倍首相の後任を選ぶ自民党総裁選挙は、8日告示され、届け出順に石破元幹事長、菅官房長官、岸田政務調査会長の3人が立候補しました。 8日行われた立会演説会と共同記者会見で、石破氏は、「グレートリセット」をキーワードに、政策の転換を強調するとともに、東京一極集中を是正し、地方創生を進めることを訴えました。 菅氏は、安倍政権の継承…
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領、 米中経済「切り離し」に言及

トランプ大統領は米国の祝日であるレーバーデーの7日、ホワイトハウスで記者会見しました。 この中で、中国との関係について、経済的なつながりを切り離すことを意味する「デカップリング」に言及し、「興味深いことばだ。中国とビジネスをしなければわれわれは何十億ドルを失うこともない」と述べ、中国と経済関係を断てば損失を回避出来るという考えを示…
コメント:0

続きを読むread more

中国 、外相に続き外交トップも欧州訪問

中国で外交を統括する楊政治局委員は、王毅外相がヨーロッパ5か国を訪問した直後にスペインやギリシャを訪れ、新型コロナウイルスへの対応やチェコの上院議長の台湾訪問をめぐってヨーロッパで広がる中国への警戒感や反発を和らげたいねらいがあるとみられます。 中国で外交を統括する楊政治局委員は、今月1日からミャンマーとスペイン、それにギリシャを…
コメント:0

続きを読むread more

中印国防相会談、中印国境軍事衝突の解決に向け対話継続で一致

中国とインドの国境地域にある係争地帯ではことし6月、双方の軍が衝突してインド側の20人が死亡し、先月下旬からは一部の地域で小競り合いが起きるなど緊張した状態が続いています。 こうした状況を受けて、中国の魏国防相とインドのシン国防相が4日、訪問先のモスクワで衝突が起きてから初めてとなる会談を行いました。 中国国防省によりますと…
コメント:0

続きを読むread more

合流新党代表選、枝野氏と泉氏が立候補表明

立憲民主党と国民民主党などの合流新党の代表選挙は、立憲民主党の枝野代表と国民民主党の泉政務調査会長が立候補を表明しました。枝野氏が党に所属する議員の数などで優位な情勢とみられているのに対し、泉氏は無所属の議員などを取り込んで巻き返しを図りたいとしていて、支持獲得に向けた動きが活発になる見通しです。 今月10日に投票が行われる立憲民…
コメント:0

続きを読むread more