テーマ:中部

軽井沢散策

軽井沢は、政財界の要人が静養に訪れたり、イベントや、大会が行なわれる国際的にも有名なリゾート地です。カラマツや、白樺の美しい樹林や、湖などの信州らしい大自然の風景が広がります。そんな軽井沢の大自然を散策した後、旧軽井沢のメインストリートを歩くのもいいですね。高級店や、様々なお店が立ち並びショッピングをして頂くのもいいですし、西洋の雰囲気…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

高原の避暑地、軽井沢

軽井沢は、浅間山麓の豊かな森の広がる高原にあります。今では、有名なリゾート地ですが、江戸時代は、中山道のひとつの宿場にすぎませんでした。そんな軽井沢に転機が訪れたのが、明治時代でして、日本の夏に耐えかねた外国人たちが、軽井沢への避暑が始まってからです。軽井沢に別荘を構えた外国人たちは、パンやチーズなどの洋食文化を町に広め、通りには外国人…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

飯山市、阿弥陀堂と小菅神社

飯山は、たくさんの社寺がありますが、それぞれ独特であり、巡ってみるのが楽しいと思います。飯山の街はずれにある阿弥陀堂は、340年の歴史のある福島の棚田の中にありまして何かのどかなほのぼのとした素朴な風景を展開します。阿弥陀堂をひと山越えた所に小菅神社がありまして、修験場に称せられている神社です。木々が生い茂る緑豊かな参道を歩くと社があり…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

文化を守る街飯山

長野市から北へ行った所に飯山がありますが、千曲川沿いに棚田や、りんご畑が広がり、信州の農村らしい風景があります。そんな信州の農村を進んで行くと飯山の街に入ります。飯山には、社寺が多く、社寺巡りをしてみるのも良さそうです。各社寺には、それぞれに趣きがあり、昔からこの地方の人々は、神仏そして、文化を大切に守ってきたんだなあと思わされます。近…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

野沢菜発祥の地、野沢温泉

とても歯応えがよく、その味がやみつきになる野沢菜ですは、野沢温泉が発祥の地です。野沢温泉にある健命寺は、野沢菜記念碑があり、寺の敷地内では、野沢菜の原種が栽培されています。信州は、海の幸には恵まれていないものの、信州味噌や、野沢菜などの日本の原点のような味があります。朝食に、ごはんと信州の味噌汁、そして野沢菜の朝ごはんなんかおいしそうで…
トラックバック:4
コメント:1

続きを読むread more

文化漂う野沢温泉

野沢温泉は、歴史のある温泉地だけに数々の歴史文化漂う所もたくさんあります。温泉巡りをしながら、野沢温泉が培った文化に触れてみるのも、贅沢な湯巡りになると思います。大湯は、飯山藩の殿様が好んだ所でして、江戸時代の昔を偲びながら入ると良さそうです。また温泉小唄記念碑や、鳩車の碑、温泉薬師とこの地方がはぐくんだ文化を確かめるのも良いですね。ま…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

野沢温泉、湯巡りの楽しみ

野沢温泉を代表するものと言えば麻釜です。麻釜は、野沢温泉の源泉でして、麻釜からもうもうと湯煙が上がっています。その麻釜の共同湯池に地元の主婦たちが集まり、竹籠に入れた野菜を茹でる野沢温泉独特の風景が展開します。麻釜で茹でた野菜は、アクが抜けてなんとなくまろやかな味わいがあります。麻釜の近くには、湯殿がありまして、江戸時代の作りをそのまま…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

奧信濃、野沢温泉

長野市の北の奥信濃にある野沢温泉は、三方を山で囲まれた標高600メートルの温泉地でして、近くには、スキー場そして有名な野沢菜と、観光資源にも恵まれた温泉地です。奈良時代に僧行基が発見したと伝えられるこの温泉は、鎌倉時代には、湯山村として歴史に現れ、江戸時代には、飯山藩主が広く庶民に奨めたそうです。そんな歴史のある野沢温泉は、いたるところ…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

文化の街、小布施

小布施は、長野市の東にある街でして、江戸時代は、幕府の天領として栄えました。天領だった頃は、小林一茶を招いて句会を催したり、豪商・高井鴻山が北斎を招いて絵を描かせたりしまして信州の地にて、江戸の文化を花開かせた場所であります。曹洞宗の古刹岩松院では、北斎が描いた天井絵があり、上を見上げると豪快な北斎らしい躍動感のある絵が展開します。また…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

戸隠そば

戸隠は、そのコシ、歯ざわり、味といい、いっぺん食べるとやめられない。やみつきになる人も多いようです。私も、信州へ行けば、味噌料理とそばを食べるのが楽しみです。戸隠そばは、戸隠神社中社の参道沿いにおいしい店が並んでおり、そばの実の旨みを十分引き出したようなそばを堪能できます。みなさんは、おいしいそば屋を探して食べて頂くと良いと思いますが、…
トラックバック:3
コメント:3

続きを読むread more

戸隠森林動植物園

戸隠森林動植物園は、戸隠神社などの神社が隣接していまして、神社の参拝をしながら、散策するのに良いコースとなっています。戸隠は、高山植物や、野鳥の宝庫でして、神々が人間に与えてくれた自然との共生の場のような感じがします。散策しているとかわいい鳥などを見る事ができ、なんだか心を和ませてくれます。また随所に木道があるので歩きやすくなっています…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

戸隠神社

高野山、比叡山と並び修験道の聖地として信仰を集めた戸隠神社は、天の岩戸神話の天手力男命を祀っています。修験道の聖地にふさわしく爽やかな高原の空気が澄みわたり、まっすぐに伸びた杉並木の参道を歩くと俗世間とは隔絶されたような空間が展開します。高野山で感じたような身の引き締まる思いが、ここ戸隠神社でも感じられます。信州の山々の懐の戸隠神社で、…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

信州の香り、戸隠

戸隠は、長野市から北西の方角にありまして、戸隠バードラインを通りまして、車で約1時間のところにあります。戸隠は、自然豊かな飯綱高原、戸隠そば、そして修験道の聖地である戸隠神社や、由緒ある神社など、信州の香りが漂う場所です。信州は、たくさんの神々がいますが、ここ戸隠では、静寂な杉木立の参道や、昔からのご神体を大切に安置した社など、大昔から…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

武門の誉れ、松代

松代は、城下町として栄えた町でして、武田信玄が上杉謙信との川中島の合戦に備えて海津城を築いたのが始まりです。松代城から上杉謙信が陣を構えた妻女山を眺める事ができまして、かつて武田軍がここから上杉軍と対峙していたのだなあと思うと時空を越えてあの時の合戦が、甦ってきそうな感じがします。江戸時代は、真田藩10万石の城下町として栄えました。今で…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

川中島古戦場

長野駅から松代行きのバスで20分行ったところに、かつて川中島の合戦が行なわれた川中島古戦場に着きます。川中島の合戦は、戦国時代に甲斐の武田信玄と、越後の上杉謙信が信濃の覇権を巡って、12年間も合戦が繰り広げられました。 特に第4回の川中島の合戦は、激戦でして、武田信玄と、上杉謙信が一騎打ちをしたとの伝説が残っています。川中島古戦場には、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

戸倉上山田温泉

長野県は、全国屈指の温泉地の数を誇りますが、戸倉上山田温泉は、長野県でも最大級の歓楽街を持つ湯の町です。明治26年に戸倉でボーリングに成功してから、その後上山田、昭和13年に新戸倉が開湯して以来、「善光寺参りの精進落としの湯」として発展しました。高度成長期の頃からくらべれば、静かになりましたが、ホテルから歩いていけるところに、飲み屋や、…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

善光寺と街の発展

善光寺の最寄り駅、長野駅は、善光寺参りの為だけに造られた駅だけありまして、駅から善光寺までは、善光寺表参道でほぼ直線で結ばれています。表参道の街並みを歩くと大門に至り、そこから善光寺へ向かって約500メートル石畳の道が続きます。道に沿って宿坊が立ち並び、仁王像が睨みをきかせる仁王門をくぐると、お土産屋や、食事処が並ぶ仲見世通りです。門前…
トラックバック:4
コメント:7

続きを読むread more

善光寺、一切衆生救済

善光寺は、全国各地の参拝客で賑わい、年間700万人もの人々が参詣します。善光寺は、約1400年前に、信濃の本田善光が、難波(現在の大阪府)から、一光三尊阿弥陀如来像を自宅に持ち帰り、安置されたのが始まりとされています。平安時代末期には、全国的に有名になり、江戸時代には、善光寺の門前は、北国街道の宿場町として大いに賑わいました。善光寺は、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

長野県長野市

これまで長野県松本市を中心に見てきましたが、これからは長野県長野市を中心に見ていくことにしましょう。長野市は、長野県の県庁所在地であり、長野県最大の人口を誇っています。山林原野が4割強でして、山に囲まれた盆地に開けた町は、志賀・戸隠・野沢・山田などの温泉地に恵まれ、また、全国的に有名な善光寺なども市内にあります。長野新幹線も開通し、長野…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

妻籠宿

東海道とともに、江戸と京を結ぶ中山道は、重要な道路でして、現在でも中央本線や、中央自動車道が走っていますが、妻籠宿は、江戸時代の街道や宿場の面影を今も残しています。周囲を山に囲まれた川沿いに中山道が通っており、そんな中山道沿いの宿場町ですので、木曽路の雰囲気がそのまま残っています。冬は、凍てつくような寒さ、春は雪どけの遅い春を迎える様子…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

越後への道、千国街道

長野県松本市から新潟県糸魚川市までの約120キロメートルに及ぶ道を千国街道といいます。昔、海のない信州に日本海の塩を送った重要な交通路でした。上杉謙信が武田信玄に塩を送った有名な話は、千国街道を経て送られたとされています。塩の他にも信州からは木材や、麻・たばこなどの産物、越後からは海産物と、交易路として賑わいました。千国街道沿いには、関…
トラックバック:10
コメント:6

続きを読むread more

美ケ原高原

ビーナスラインは、白樺湖、蓼科湖や、霧ヶ峰などたくさん見所がありますが、私がビーナスライン沿線でいの一番に上げたいのが美ケ原高原です。標高2千メートルの高原地帯には、気持ちよいほど牧草が生い茂り、放牧された牛が、草を食べるといったのどかな牧畜の風景が広がっています。美ケ原高原のシンボルである「美しの塔」には、北面には、詩人尾崎喜八の「美…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

八ケ岳・ビーナスライン

諏訪市から白樺湖へ向かいますと八ケ岳の北側の高原に至ります。ここの高原を通っている道がビーナスラインです。2002年のビーナスライン全線無料化により人気が高まりつつあるドライブコースです。ビーナスラインは、雄大な風景が楽しめます。この辺りは、広葉樹が多く、雄大な風景とともに膨大な広葉樹が目に映ります。深緑の季節もいいですけど、やはり秋の…
トラックバック:2
コメント:12

続きを読むread more

文化の泉、長野県諏訪

信州長野県は文化施設は、多いですが、諏訪市も例外になく多いです。諏訪湖畔には、アールヌーボーのガラス工芸と現代日本画を展示する北澤美術館があります。「ガラスがこんなに美を表現できるのか。」と感動させられる作品が多いです。一度訪れて、ガラスの美という新しい発見をしてみるのも良いと思います。また諏訪の昔からの風情が残る町の路地歩きを楽しむ文…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

日本人の心の源、諏訪

諏訪湖畔には、豊かな自然と温泉などの魅力がたくさんありますが、諏訪は、昔から交通の要所として栄え、城跡や城下町などの史跡そして、由緒ある神社仏閣などがあり、歴史的情緒も備えています。戦国時代諏訪氏の居城であった上原城などは、武田信玄公ゆかりの城であり、当時に思いを馳せる事が出来ます。また御柱祭で有名な諏訪大社は、太古より崇められた神社で…
トラックバック:3
コメント:6

続きを読むread more

天竜川の源、諏訪湖

天竜川の源である諏訪湖は、四季折々、様々な風景が楽しめる美しい湖です。冬は氷の山脈、春は新芽の息吹、夏は涼しい深緑の木陰、秋は紅葉と我々を癒してくれます。また諏訪湖畔には保養施設も多く、ヨットや、カヌーを貸し出してくれる所や、諏訪湖の素晴らしい景色を眺めながら入る温泉も多いです。昭和2年に建造した入浴施設「片倉館」は、レトロなレンガ造り…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

長野県飯田市

長野県飯田市は、伊奈地方の中心都市です。周りを山に囲まれ、緑豊かな盆地に、碁盤の目のように区画された家並みと、神社仏閣が街を形成しており、信州の城下町らしい雰囲気です。天竜川と、信州の空気に触れながら、城下町を散策してみるのも良いですね。飯田にあるいとうやの「大名きんつば。」も良いですね。散策の休憩に甘いきんつばを頂くのも良さそうです。…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

天竜舟下り

伊那路は、昔から交通の要所でしたが、伊那路に並行して流れる天竜川も、水運として重要な川でした。天竜川の急流を利用して筏流しや、通船といった水運が盛んに行なわれました。木曽の豊富な木材を運んでいた筏流しは、現在では、観光目的の天竜舟下りとなっています。かつて急流を生かして筏流しをしていただけあって波しぶきを浴びながら舟下りをします。天竜川…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

伊那路を急ぐ

長野県松本市から南に行った所に伊那谷があります。ここも素晴らしい自然があり、周辺を散策して頂きたい所がたくさんあります。また伊那谷に沿って伊那路が伸びていまして、昔から交通の要所として発展しました。伊那路を歩くと山間の街道らしい風情が漂っていますが、当時の旅人は、素晴らしい景色に、うしろ髪を引かれながら先を急いでいたんじゃないのかなとふ…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

白馬、八方尾根自然研究路

冬はスキーで賑わいを見せる白馬ですが、スキーシーズン以外でも、見所があります。中でも八方尾根をハイキングしてみるというのはいかがでしょう。冬はスキー客で賑わうゴンドラに乗り、2本のリフトを乗り継いで八方池山荘に着きます。そこは、標高1850メートルでして、亜高山帯のめずらしい植物が自生しています。ここからがハイキングコースでして、八方池…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more