長田ドーム NAGATA DOME  

アクセスカウンタ

zoom RSS 米国務長官、「米朝の対話実現は北朝鮮しだい」

<<   作成日時 : 2018/02/14 11:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 米国のティラーソン長官は記者会見で、北朝鮮が南北首脳会談の開催を呼びかけ融和ムードを演出する中、米国と北朝鮮との対話の可能性について問われ、「対話を始めるか決めるのは北朝鮮だ。彼らは対話の議題が何かも把握している」と述べ、非核化の意思を示すよう重ねて促し、米朝の対話が実現するかは北朝鮮の出方しだいだと強調しました。

そのうえでティラーソン国務長官は、核・ミサイル開発をめぐる北朝鮮の行動に変化が起きるか注視する考えを示しました。

また、これに先立って有力紙のワシントン・ポストは、韓国を訪れたペンス副大統領がインタビューで、「最大限の圧力をかける取り組みは続けるが、北朝鮮が話したいなら話をする」と述べ、北朝鮮との対話も可能との考えを示したと報じました。

ペンス副大統領の発言について見解を問われたティラーソン長官は、対話について可能性は否定しなかったものの「本格的な外交の始まりになるかどうか判断するには時期尚早だ」と述べました。

米国は、北朝鮮の態度次第では会談に応じるとの姿勢を示しました。

米国は、対話に対する北朝鮮の本気度をはかりたいところでしょう。
対話で、北朝鮮の核・ミサイル問題が解決できるのか。大変緊張した事態が、近々訪れると思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米国務長官、「米朝の対話実現は北朝鮮しだい」 長田ドーム NAGATA DOME  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる