長田ドーム NAGATA DOME  

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国、米国の制裁拡大「 報復措置用意の構え」

<<   作成日時 : 2018/04/08 08:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 米国は、中国による知的財産の侵害の問題を受けて、通商法301条に基づく制裁措置を検討していて、4月3日に500億ドルの輸入品に関税を課す原案を発表したのに続き、4月5日には、この額をさらに1000億ドル積み増すことを検討すると明らかにしました。

これを受けて、中国商務省の高峰報道官は6日夜、緊急の記者会見を開き、「これは貿易の保護主義と自由貿易の間の闘争だ。自由貿易が脅かされるようであれば、世界経済全体の回復にとっても重大な脅威となる」と述べ、強く批判しました。

そのうえで、「米国が1000億ドルの課税リストを公表した場合、われわれはためらうことなく直ちに強力な反撃を行う」と述べ、報復措置を用意する構えがあることを強調しました。

さらに、高報道官は「このところ両国の間では経済貿易問題について交渉はしていない。こうした状況では交渉を行うのがさらに難しくなる」と述べ、米国の姿勢を非難しました。

米中の経済戦争が拡大する可能性が出てきました。これで米中間の経済交流の規模が減少するのは確実ですが、これで米国企業がどれだけ業績を改善できるかが、焦点になると思います。米国は対中関係の悪化という代償を払いながらも、自国の経済を守るという選択肢を選びました。これで米国産業の回復がなければ、米国は凋落の道をたどることになるでしょう。米国は、自国の産業が復活し、失業率の改善などの目に見えた経済的な成果を収めることができるのでしょうか。今後の米国経済の行方を注視していきたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国、米国の制裁拡大「 報復措置用意の構え」 長田ドーム NAGATA DOME  /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる