立憲民主党枝野代表、「大義にかかわらず首相は解散するだろう」


 安倍首相は、与野党の間で夏の参議院選挙に合わせて衆議院の解散・総選挙が行われるのではないかという臆測が出ていることも念頭に「『風』というものは気まぐれで、誰かがコントロールできるようなものではない」と述べました。

これについて立憲民主党の枝野代表は記者会見で「解散は、風が吹いているか吹いていないかにかかわらず、首相が主導して内閣で決められることなので、風は関係ない」と述べました。

そして、「『安倍首相は解散するだろう』という前提ですべてを組み立てている。大義があろうとなかろうと、安倍首相はやるだろう。大義が十分でなければ、そのこと自体が選挙の争点だ」と述べました。

そのうえで、安倍内閣に対する不信任決議案について「いよいよ『出すか、出さないか、いつ出すのか』ということが問われる状況になっているので、いちばん効果的なときに、出すなら出したい」と述べました。


衆議院の解散を巡って与野党の駆け引きが激化していますが、野党側は、大義のない解散に追い込めば、勝算は大きくなると思います。
大義のない解散になれば、特に公明党支持者の選挙協力離れは、加速していくでしょう。
そうなれば、公明党の強みである組織票を生かしきれなくなり、自民・公明の結束は弱いものになります。
安倍首相に、それでも解散するのかと、プレッシャーをかけることは、重要だと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック