FRB、金利引き下げを決定。

米国の中央銀行にあたるFRBは、金融政策を決める会合を開き、声明を発表しました。それによりますと、米国経済は失業率は低水準で緩やかに拡大しているものの、米中貿易摩擦などを背景に景気の先行きに不確実性があるとしています。 このため政策金利を0.25%引き下げて2%から2.25%の範囲とすることを賛成多数で決めました。FRBが利下げに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more