米国、対中関税上乗せ「一部品目を12月15日まで延期」

米国通商代表部は13日、来月1日から中国からの3000億ドル分の輸入品に10%の関税を上乗せする措置について、スマートフォンやパソコン、それに一部の衣類や靴、おもちゃなどは12月15日まで発動を延期すると発表しました。 今回の関税措置の対象には、生活に身近な日用品が多く、米国の産業界などからは自国の企業や消費者にも大きな影響を与え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more