政府、新型コロナ対策「新たに18か国の入国拒否を決定」

政府は、NSC(国家安全保障会議)の緊急事態大臣会合と、政府対策本部を持ち回りで開催し、水際対策の強化を決めました。

それによりますと、外国人の入国を拒否する措置の対象に、新たにアルジェリアやレバノン、それにキューバなど18か国を加え、本日から実施するとしました。

これにより、外国人の入国を拒否する措置を取っているのは、129の国と地域となります。

また、入国拒否の対象となっていない国や地域について、発給済みのビザの効力を停止するなどの措置を、来月末まで延長することも決めました。

海外での新型コロナウィルスの感染拡大の勢いは、強まっており、日本国内の感染拡大を防止するためには、必要な措置だと思います。新型コロナウィルスの感染拡大の勢いがおさまり、入国拒否が解除されるようになることを希望します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント