自民議員連盟、 再生可能エネルギーの割合30%以上に向け提言へ

再生可能エネルギーの普及を図る自民党の議員連盟は、5日の会合で、国の中長期的なエネルギー政策の方針「エネルギー基本計画」の見直しについて意見を交わしました。 この中では、政府が2050年までに温室効果ガスの排出を、全体としてゼロにすることを目指す方針を示したことを受けて、今の計画では2030年度に22%から24%にするとしている再…
コメント:0

続きを読むread more